敏感肌のオールインワンゲルの選び方

敏感肌は少しの刺激でも肌が反応してしまうため、オールインワンゲルに限らず、スキンケア用品を選び際には慎重さが必要になります。



オールインワンゲルのテクスチャーは、粘度があり柔らかさがあるため、肌になじませる際に摩擦が少なくて済むため肌への刺激を抑えることができます。

通常のスキンケアであれば、化粧水、美容液、クリームとアイテムごとに肌へと刺激を与えることになりますが、オールインワンゲルであれば、基本的には1度塗るだけでスキンケアがすむため、肌への刺激を最小限へと抑えることができます。

敏感肌の人がオールインワンゲルを選ぶ際には、敏感肌用になっているものを選ぶことです。



普通の肌の人向けに比べると肌に優しい成分を多く配合してあったり、バリア機能をサポートしながら保湿ができるように作られています。


また、和漢植物である甘草やシャクヤク、葛根、シソなどのエキスが使われているオールインワンゲルは、低刺激でありながら効果も実感しやすくなっています。
敏感肌用では、セラミド配合タイプも多くあります。

セラミドはもともと皮膚の保湿成分のひとつでもあるため、肌との親和性が期待でき、バリア機能のサポートに対しても有効な成分となるため、セラミドが配合されているタイプは多いです。



アルコールフリーや防腐剤不使用などの肌に必要ない成分を使っていないタイプや赤ちゃんの肌でも使うことができるほどの低刺激タイプなどもあるため、肌に合わせて選ぶことが大切です。